担保責任(タンポセキニン)

担保責任とは、売買物件等に欠陥(瑕疵)があったときに、売主が買主に対して負担する責任のことです。

物の瑕疵について、買主は、その欠陥を知らないことに過失がなければ、欠陥によって受けた損害について売主に請求することができます。

また、瑕疵の存在によって契約の目的を遂げることができない場合には、契約を解除することもできます。

ただし、これらの請求は買主が瑕疵を知ったときから1年以内にしなければ権利を消失してしまうこととなります(民法570条、566条参照)。

なお、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の施行により、平成12年4月1日以降に締結された新築住宅の売買契約や請負契約では、瑕疵担保責任を負う期間が引き渡しから10年間となりました。もっとも、同法による瑕疵担保責任の対象となるのは新築住宅のみで、さらに建物の主要部分等に限られています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。