短期消滅時効(タンキショウメツジコウ)

権利の消滅時効の期間は民法上は原則として10年と定められています(民法166条)。

短期消滅時効とは、民法上、一定の権利関係にかかる消滅時効期間を3年や2年という比較的短期間なものとした特例です。

短期消滅時効制度の趣旨は、日常頻繁に生じる比較的少額な部類にかかる債権については、契約書類等が省略されることもある実情等を踏まえ、早期に法律関係を確定させ、紛争の発生を予防する点にあるといえます。

短期消滅時効にかかる権利の具体例としては、例えば、医師の診療報酬請求権や薬剤師の調剤報酬請求権が3年の短期消滅時効にかかり、また、旅館や料理飲食店の料金については1年の短期消滅時効にかかることが規定されています(民法170条~174条参照)。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。