留置権(リュウチケン)

留置権とは、担保物権の1種で、他人の物の占有者において、その物に関して発生した債権の弁済を受けるまでその物を留置し、債務者に心理的圧迫を負わせることで間接的に債務を履行させるための制度です。

留置権者は被担保債権の弁済を受けるまで、目的物の占有を継続することができますが、留置することによって生じる利益まで保有することが認められるものではないので、占有状態によって利益を得た分については不当利得として返還しなければなりません。

留置権が発生するための要件は次のとおりです。

  1. 債権が「その物」に関して生じたものであること
  2. 他人の物の占有者であること
  3. 不法行為によって占有がはじまったものでないこと
  4. 債権が弁済期にあること
お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。