仮登記担保(カリトウキタンポ)

仮登記担保とは、債権担保のために、債務者の不動産について抵当権と併せ(あるいは抵当権の設定を省略して)、代物弁済の予約、停止条件付代物弁済、売買の予約を締結して、将来の不動産の所有権取得を保全するため、仮登記をする方法のことです。

仮登記担保には、債権者自らが目的物の所有権を取得して、目的物の価額と元利合計額との差額を清算金として債務者に返還する帰属清算型といわれる形態と、債権者が目的物を売却処分してその売却代金から元利合計金を控除して清算金を債務者に返還する形態があります。

このような担保方法を利用する債権者の狙いとしては、目的物の全価値を丸取りし、抵当権実行の手続きの煩雑さと抵当権者にとって好ましくない短期賃貸借、抵当権消滅請求の制度を回避しようとする目的で為される場合があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。