危険負担(キケンフタン)

危険負担とは、双務契約において、一方の債務が債務者の責任によらない事情で消滅した場合において、もう一方の債務も消滅すると考えるべきか否かの法的問題のことです。(例えば、想定外の自然災害により給付物が消滅したような場合の処理が問題となります。)

「危険」とは、双務契約における一方の債務が契約成立以降に消滅することをさします。

この問題について、一方の債務が消滅している以上、これと対価関係にある他方の債務も消滅するという考え方を債務者主義といい、逆に履行可能な債務である以上債務は消滅しないという考え方を債権者主義といいます。

債権者主義の考え方は不公平なようにも見えますが、その考え方の趣旨は、双務契約によって利益を得ようとする以上リスク損失も被るべきであるという点にあります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。