責任能力(セキニンノウリョク)

責任能力とは、自身の行為の結果を分別するに足りる能力のことをいいます。

責任能力を備えた者かどうかは、その年齢や環境、行為の種類等から判断されることになりますが、概ね12歳くらいから責任能力があるものとされる傾向があります。

責任能力のない未成年者の行為については、当該未成年者は賠償の責任を負わないこととされています。

もっとも、当該未成年者の監督義務者(両親等)において、監督義務を怠っていたといえる場合には、その監督義務者が未成年者等にかわって責任を負担することとされています。

また、成年者であっても、精神障害等により自己の行為の責任を弁識する能力を欠く者についても同様に責任能力がないものとして賠償責任を免れるとされています。

この点、飲酒等により酩酊状態にある者は責任能力がないかに見えますが、一般的に飲酒酩酊により責任無能力と解されるケースはほとんどないのが現状です。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。