表権代表取締役(ヒョウケンダイヒョウトリシマリヤク)

表権代表取締役とは、代表取締役ではない者であるにも関わらず、会社の代表権を有すると認めるべき名称を称する取締役のことをいいます。

代表権を有すると認めるべき名称といえるためには、例えば、社長、副社長、専務取締役、常務取締役といった名称を称しているような場合が考えられます。表権代表取締役の為した行為については、その者が表権代表取締役であることを知らなかった第三者(善意の第三者)に対して会社が責任を負うこととなります。

なお、善意の第三者といえども、代表権がないことを知らなかったことにつき重過失が認められるような場合は、そのような第三者を保護する必要性は低いため会社は表権代表取締役の為した行為につき責任を免れるとされています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。