休業手当(キュウギョウテアテ)

休業手当とは、労働者が労働契約上の労働義務がある時間に労働を提供できなくなった場合で、その責任が使用者側の責にきすべき事由による場合、使用者が休業期間中労働者に対しその平均賃金の100分の60以上の支払わなければならないとされている手当金のことをいいます。

使用者の責にきすべき事由とは、例えば天災事変などの不可抗力に該当しなければ広く帰責事由に該当するといえます。

すなわち、労働者の賃金生活の保障という観点から保障をすべきと判断される場合には、休業手当の支払い義務が広く認められることとなります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。