休職(キュウショク)

休職とは、従業員を労務に従事させることができない事情が生じた場合に、当該従業員に対して使用者が、労働契約関係自体は維持したままで、労務への従事を免除または禁止することです。

休職は、使用者の一方的な処分によって為されることが多いですが、労働者との合意に基づく休職もあり得ます。

使用者が一方的に休職の意思表示をするためには、労働協約や就業規則の定め等根拠が必要となります。

休職には、例えば、傷病休職や事故欠勤休職、出向休職や自己都合休職といった種類があります。

このうち、傷病休職の場合、休職期間中に傷病から回復し就労可能状態となれば復職することになりますが、傷病が回復せず休職期間が満了すると、自動退職あるいは解雇となります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。