罪刑法定主義(ザイケイホウテイシュギ)

罪刑法定主義とは、犯罪となる行為がいかなる行為であるのか、その行為に対してどのような刑罰が科されることとなるのかを、予め法律によって明確に規定しておかなければならないという刑事上の基本原理のことをいいます。

刑事罰のいう極限の不利益が科される場合に、全く予想だにしなかったことで逮捕されたり刑務所へ送られてしまうというのでは到底民主的な国家とはいえません。

逆に、刑罰が科されることが予め法律で定まっているのに、その規範を乗り越えてまで罪を犯した者には刑事罰をもって対処するほかないということになります。

なお、法律の不知ゆえに刑罰が規定された犯罪であるということを知らなかったというのは免責の理由とはなりません。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。