過剰防衛(カジョウボウエイ)

過剰防衛とは、急迫かつ不正の侵害に対して防御のため反撃をしたところ、その反撃が防衛のレベルを超えてしまった場合のことをいいます。

防衛のレベルを超えた場合というのは、その行為がやむを得ずずにし行為と評価できない場合、つまり必要最小限の加害行為ではなく不相当といえるレベルのものであることをいいます。

正当防衛が成立すれば犯罪の違法性が阻却されますので無罪となりますが、正当防衛のつもりが過剰防衛となってしまった場合には、その情状により刑を減軽しまたは免除することができる(有罪)という効果が生じます。

過剰防衛の具体例としては例えば、素手で殴りかかってきたものに対して拳銃を使って撃ち殺したというような場合が想定されます。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。