かすがい現象(カスガイゲンショウ)

かすがい現象とは、刑法学上の罪数理論における概念の一つで、併合罪となるべき数罪について、それぞれの罪がある罪と観念的競合、牽連犯の関係にあることにより、その数罪全部が科刑上一罪として扱われることをいいます。

この概念は判例でも認められているところで、例えば、昭和29年の判例は、住居に侵入して順次3人を殺害したという犯罪について、各殺人罪と住居侵入罪がそれぞれ牽連犯の関係に立つことにより、3つの殺人罪が1つの住居侵入罪によって結びつけられ全体が科刑上一罪となる現象を認めています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。