礼拝所不敬罪(レイハイジョフケイザイ)

礼拝所不敬罪とは、刑法に規定される犯罪類型の1つで、「神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し、公然と不敬な行為をした者は、6月以下の懲役若しくは禁固又は10万円以下の罰金に処する」と規定されています(刑法第188条)。

神祠とは、神道の神様を祭った施設のことを指し、仏堂とは、仏教寺院等の礼拝所のことを指します。

本罪は、不特定多数の人が視聴しうる形態で、礼拝所等の尊厳や神聖を害する行為を処罰対象としたものです。

昭和43年6月5日最高裁判例では、「被告人らは墓碑を押倒した共同墓地は、県道につながる村道に接した場所にあり、他人の住家も遠からぬ一に散在するというのであるから、たまたま、その行為が午前2時ころに行われたもので、当時通行人がいなかったとしても、公然の行為というに妨げないものというべきである」として本罪を適用しました。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。