外国国章損壊罪(ガイコクコクショウソンカイザイ)

外国国章損壊罪とは、刑法に規定される犯罪類型の1つで、「外国に対して侮辱を加える目的で、その国の国旗その他の国章を損壊し、除去し、又は汚損した者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。前項の罪は、外国政府の請求がなければ公訴を提起することができない。」と規定されています(刑法第92条)。

ここにいう国章とは、国を示すために定められた一定の物件のことをいいます。例えば、国旗以外の軍旗などがこれにあたりますが、外国の国家機関が公的に掲揚しているものに限られます。

本罪は、外国政府の請求が訴訟条件とされている点で、他の犯罪類型にはあまり見られない特殊性があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。