寄与分(キヨブン)

寄与分とは、被相続人の財産の維持・増加に特別の寄与をした相続人に対して相続分を多くすることができる制度のことをいいます。

たとえば、引退した両親にかわり家業を回し、両親の財産増加に貢献した者と、実家に何の援助もせずに独立した生活をしている者との間で、遺産の配分を形式的に2分の1ずつするというのでは不公平になる場合があります。

このような遺産への寄与が認められる相続人は、それを考慮してより多くの遺産を引き継ぐことができる場合があるのです。

もっとも、特別の寄与といえるかどうかは、判断が難しい場合もあり、単に両親と一緒にくらして支えてきたというだけでは特別の寄与とまでは認められない場合もあります。また、寄与分は相続人にのみ認められている制度ですので、例えば長男の嫁が義理の両親の世話を献身的にやってきたといっても、それは相続人の立場にないということで寄与分は認められないこととなります。

法律事務所つくばコム 弁護士 福嶋正洋

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。