議決権制限種類株式(ギケツケンセイゲンシュルイカブシキ)

議決権制限種類株式とは、種類株式の1形態であり、株主総会の全部または一部の事項に関する議決権を行使することができない株式のことをいいます。このような制限のある株式が発行されているのは、株主として議決権を行使する権利よりも配当等の利益に関心がある株主のニーズに応えたものといえます。

制限される議決権の内容については、一定の事項に限り議決権が制限されることを定めることもできますし、総会にかかる全ての事項について議決権を有しない(完全無議決権株式)とすることも可能です。

議決権制限種類株式を発行するためには、その総数や条件等を定款で定めておく必要があります。

また、公開会社においては、議決権制限種類株式の発行可能総数は発行済みの株式総数の2分の1までとされています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。