資本金(シホンキン)

会社法における資本金とは、会社の財産を確保するための基準となる一定の金額のことで、原則は株式の実際の払込額の総額とされています。

但し、株式発行の際にその2分の1までの額は資本金としないことが認められています(その場合、資本金としない金額は資本準備金とされる)。

株式会社において、株主はその保有株式の限度で責任を負うという有限責任となっており、会社財産意外には財産的基盤がありません。そこで会社法は、資本金という一定額を基準として会社財産を維持することを求め会社債権者の保護をはかっているのです。

なお、従来では、株式会社等を設立する際には、最低資本金規制があり、一定額の資本金がなければ株式会社等を設立することができませんでしたが、現行の会社法では最低資本金規制は廃止されていますので、資本金の額は1円でもよいということになります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。