法定労働時間(ホウテイロウドウジカン)

法定労働時間とは、法律が1週間あるいは1日の最長労働時間として設定した規制のことをいいます。

但し、法定労働時間は労働時間の絶対的な上限というものではなく、それを超える労働であっても一定の要件を満たせば許容されます。

具体的な法定労働時間は、1週間に40時間、1日8時間を超えて労働させてはならないとされています。

法定労働時間を超えた分の労働については、法定される割増率を掛けた残業代を支払わなければなりません。

この残業代を不当に支払わないケースが多くみられることは社会的な問題ともなっています。

なお、所定労働時間とは、会社が就業規則等によって独自に定める、始業時刻から終業時刻までの時間から求刑時間を除いた時間のことをいいます。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。