誤想防衛(ゴソウボウエイ)

誤想防衛とは、正当防衛が成立する状態ではないにも関わらず、正当防衛が成立する事実が存在すると誤って反撃行為を行うことをいいます。

例えば、侵害行為がないのに侵害されていると誤信した場合や侵害行為はあるものの防衛の範囲と思ってした反撃が実際には限度を超えている場合などが考えられます。

一般的に、誤想防衛の場合、反撃するものは犯罪の故意がないものとして責任が阻却されると考えられています。

もっとも、誤った判断をしたことについて過失が認められるような場合には過失犯が成立する場合があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。