執行猶予(シッコウユウヨ)

執行猶予とは、犯罪行為に対する刑罰の言い渡しにおいて、一定期間内その刑の執行を猶予し、新たな犯罪なくその一定期間が経過した場合には刑の言い渡しの効力が失われるという制度のことです。

刑の言い渡しに執行猶予がつくかどうかは裁判官が情状等を考慮したうえで決定します。

執行猶予制度の趣旨は、執行猶予期間中に条件違反があった場合には刑を執行されるという強制力をもって犯罪をした者の自覚に基づいて更生を図る点にあります。

初犯の場合と再犯の場合とでは、当然、執行猶予がつくかどうかの可能性に影響があります(再度の執行猶予を付加できるかどうかは刑法上制限されているため、いかなる情状をもってしても法律上執行猶予をつけることが不可能という場合もあります。刑法25条参照)。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。