【弁護士:交通事故相談】40代女性・後遺障害等級11級該当を認めさせ、損害賠償金2100万円(保険会社提示額400万円)を獲得することに成功

ご依頼者様

40代 女性(茨城県土浦市)

弁護士へ相談内容

対向車両との正面衝突事故で大きな怪我を負われた被害者の方より、保険会社より提示された示談金400万円が妥当かどうかご相談を受けました。

保険会社からの提示明細を確認したところ、一見して不当な提示であることが分かりましたので、その旨アドバイスをさせていただき、増額交渉を受任いたしました。

当職の方で保険会社の提示のうち不当と考えたところは次のとおりです。

・被害者側にも過失があるとされているが、(被害者の方の車両も動いていたとはいえ、)被害者の方で本件事故を避けることは不可能な状況であり過失割合は0対10が相当である。

・後遺障害等級11級にふさわしい慰謝料が提示されていない。

・後遺障害等級11級という重い後遺症を負っているにも関わらず、労働可能期間中の逸失利益の賠償が全く十分でない。

・治療費についても支払いが不十分。

ご依頼者様の依頼事項

事故のせいでほとんど仕事ができなくなってしまったし、日常生活にも影響がある。

保険会社の提示が妥当なのかどうか全く分からず法律事務所を探しているが、とにかく適正な損害賠償を認めてもらいたい。

納得できる提示がない限り示談には応じたくない。その場合は訴訟を提起してもらいたい。

法律事務所つくばコムの弁護士による活動

まずは相手方保険会社と交渉に臨んだところ、比較的短期間で損害賠償提示額400万円→1000万円まで増額させることができました。

もっとも、相変わらず過失割合や後遺障害にかかる損害について当職において不当と感じる提示であり、交渉でのこれ以上の増額が望めないことも確認できました。

ご依頼者様には解決までに時間がかかることをご説明のうえ了解いただき、訴訟提起に踏み切ることといたしました。

訴訟の期日にて、過失割合に関する相手方保険会社の主張は、「被害者側も走行していた最中における事故であり回避可能性がある以上一部過失があるとすべきである」ということでした。また、相手方保険会社は、後遺障害等級11級に該当する怪我を負われたことは認めつつも、「本件怪我の程度は医学的所見からすると労働能力を大きく阻害するものではなく、それに沿う裁判例もいくつか存在する」などと主張してきました。

様々な論点について議論を重ねていくうちに、裁判所より当方にとって勝訴的な和解案がだされましたが、この段になっても相手方保険会社が受諾せず、訴訟は最終局面までもつれてしまうこととなりました。

結果的には最後の最後で訴訟上の和解が成立し、結局裁判所和解案よりもさらに5%程度上乗せされた和解金額にて示談ということとなりました。

解決の内容

後遺障害等級認定11級

過失割合は0対10

当初相手方保険会社が提示してきた示談金は約400万円でしたが、裁判にて相手方の主張はほぼ全面的に認められず、損害賠償金合計2100万円を獲得することに成功しました。

解決までに期間は要しましたが、結果的には保険会社提示額の5倍以上の増額という成果を得ることができました。

解決までに要した期間

交渉開始から損害賠償金の獲得までに要した期間ですが、交渉から訴訟提起をするまでに至ったことにより約2年の解決期間でした。

なお、ご依頼者様は車両の任意保険契約において弁護士費用特約を附帯されており、同制度を利用されることにより弁護士費用のご負担もありませんでした

2019年11月21日
法律事務所つくばコム 代表弁護士 福嶋正洋(つくば市・土浦市・牛久市・つくばみらい市・守谷市エリアをはじめ茨城県の法律相談は法律事務所つくばコムまでお気軽にどうぞ)

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。