検認手続(ケンニンテツヅキ)

家庭裁判所において相続人立ち会いのもと、遺言書を確認する手続きです。相続人に対し遺言の存在と内容を知らせ、検認手続時点における遺言書の状態(経常、遺言内容など)を確認して、以降の偽造・変造を防止するために行います。
遺言書の保管者または発見者は遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して検認を請求しなければならないとされています。また、封印のある遺言書は家庭裁判所において相続人立ち会いのもと開封しなければなりません。
なお、検認手続きは家庭裁判所が、当該遺言書が有効か無効かを判断するものではありません。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。