抵当権(テイトウケン)

抵当権とは、債務者から弁済が為されない場合に債務者の不動産を競売にかけ、当該売却代金から債権回収をはかることができる権利であり、物的担保の一種である。

担保とは、たとえば金融機関が金銭を貸借するとき、支払い債務が不履行となった場合でも債権回収を確実に行うために、予め債務者から提供させておく事物のことである。

保証人は、人的担保の代表例であり、抵当権は物的担保の代表例といえる。

抵当権の特徴としては、担保として不動産を提供した後も、担保提供者は当該不動産を使用収益させることができるが、債務の弁済が滞り抵当権が実行されれば、当該建物は売却されることとなり、その売却代金から債権者は優先的に弁済を受けることができるというものである。

1つの不動産に複数の抵当権をつけることも可能であり、競売代金からの配当優先順位は、抵当権設定の順位によることとなる。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。