仮登記(カリトウキ)

仮登記とは、不動産登記の1種で、提出書類が用意できない場合や、登記請求権を保全しようとする場合に、順位を保全する目的で行う登記である。

仮登記には対抗力はないが、仮登記に基づいて本登記をすることにより、遡って対抗力を持つことが可能となる(将来なされる本登記のために、あらかじめ登記簿上の順位を確保するための登記)。

たとえば、不動産売買において、契約時に手付金を授受し所有権移転登記は、後日の代金決済と同時に行われるのが通常ですが、契約締結と登記との間に時間的間隔があり、買主の地位が不安定になるおそれがあるためこれを防止する目的で利用されたりします。

逆に、不動産を取得しても、すでにその不動産に所有権移転仮登記がついている場合は、仮登記が本登記されると対抗できずに、所有権を失ってしまうことになりますので、取得する不動産に所有権移転仮登記があるような場合には注意が必要です。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。