譲渡担保(ジョウトタンポ)

譲渡担保とは、物の所有権等、物的担保の目的とされる権利を、債務者あるいは担保提供者から債権者へ移転する方法によって担保提供することです。すなわち、金銭を借りた時点で担保提供対象物の所有権をいったん債権者に移転してしまう方法です。

債務を完済したときには所有権をもとに戻してもらい、返済できないときには、担保として提供した物を確定的に債権者のものとすることになります。

不動産を譲渡担保に基づき所有権移転登記をする場合、登記原因は「譲渡担保」ではなく売買の形式をとるケースが多いようです。融資金額でその不動産を売買したことにするのですが、このような売買の形式を売り渡し担保とよんでいます。

債務を返済したときは、その不動産を買い戻す形をとりますが、通常、債務者はその買い戻しのための権利を確保しておくために、再売買の予約を原因とする所有権移転仮登記や所有権移転登記と同時に買い戻し特約の登記をしておきます。

譲渡担保は1つの物に限らず、集合物(例えば、倉庫内の部品一式)を対象として設定することも、種類・所在場所・量的範囲を指定する等一定の要件を満たすことにより可能とされています(集合物譲渡担保といいます。)。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。