善意・悪意

一般に「善意」とは、道徳上の意味合いで他人のためを思う親切心のことをいい、「悪意」とは、他人に害を与えようとする悪い心のことをいいます。

しかしながら、法律用語のいうところの「善意」「悪意」というのは、上記一般的なものとは異なる意味合い使われます。

法律用語における「善意」「悪意」とは、道徳的意味合いは関係なく、単にある事柄を知っているか知っていないかということを区別するための用語に過ぎません。ある事柄を知っていることを「悪意」といい、知らないことを「善意」といいます。

ですから、民事訴訟上例えば、「被告は悪意の第三者である」などと主張された場合、その意味は単に「ある事実関係を知っていた者である」というだけであり、別に悪人であることを主張されているわけではありません。

「被告」という言葉、「悪意」という言葉からぎょっとしてしまうかもしれませんが、冷静に対応することが肝要です。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。