減価償却(ゲンカショウキャク)

減価償却とは、取得物(建物や車等)の取得金額を、その使用可能期間(耐用年数)の各年ごとに、一定の方法により費用として配分する会計上の手続きをさします。

減価償却の方法には、主に定率法と定額法の2通りがあります。

定額法は毎年一定の決まった額を償却する方法です。定率法は、取得価額から前年までの償却額の累計を差し引いた金額(未償却残高)に対して、一定率を乗じた額を償却します。この方法による場合、実際の償却額は毎年変わることになりますが、一定率を乗ずるもととなる未償却残高が大きければ償却額も多くなるので、取得品が新しい当初ほど償却額が多く、年数の経過とともに減少していきます。

減価償却を行った後の価額を帳簿価額(簿価)といい、取得物の価格を表す指標となります。しかしながら、簿価が取得物の価値を適正に反映しているとは限りません。すなわち、取得物は必ずしも一定の規則(定額、定率)に従って減価するとは限らず、簿価は個別的事情を反映した実際の価額(市場価額)とは必ずしも一致するものではないからです。例えば、同じ年数が経過した物であっても、乱暴に扱われた物と丁寧に扱ったものとでは価値が違うということです。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。