短期賃貸借(タンキチンタイシャク)

短期賃貸借とは、賃貸借契約の存続期間が短い契約で、土地の賃貸借では5年以下、建物の賃貸借では3年以下の期間を定められたものをいいます。

平成15年の民法改正前の第395条に定められており、抵当権に劣後する賃貸借でも競売によって消滅することなくその不動産を一定期間試用し続けることができるとされていました。

しかしながら、短期賃貸借制度を悪用し、高額の立退き料を要求したり、不当な転売差益を得るといった濫用的短期賃貸借事例が後をたたなかったことから、旧民法395条は削除され、短期賃貸借は廃止されました。すなわち、抵当権の設定登記後に設定された賃借権は、長期・短期を問わず抵当権者・買受人に対抗できず、建物を明け渡さなければならなくなりました。

その一方で、賃借人を一定程度保護する必要性から、競売開始前から使用収益をしていた建物賃借人に対しては、抵当権設定登記後の賃借権でも競売による買受けのときから6か月間は、その建物を買受人に明け渡さないですむ猶予期間が与えられています(改正後民法395条)。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。