引渡命令(ヒキワタシメイレイ)

引渡命令とは、所有者・債務者および競売の買受人に、占有権限を対抗できない占有者に対して、その不動産から立ち退いて競売の買受人に引き渡すよう命令する制度のことです。

引渡命令を出せる相手方は一定の要件を満たす者であることが必要です。もとより買受人に対抗できる占有権限を持っている占有者に対して引渡命令は出せません。

不動産競売は、不動産所有者の意思に反して強制的に裁判所が売却をする手続きであるので、買受人が所有権を取得したとしても、もとの所有者がすぐに立ち退いてくれるとは限りません。登記上は所有権を取得しても、現実的に不動産の占有を確保し自由に使えるという保証はないのです。このような不法な占有者を立ち退かせるには、明渡し訴訟を提起する方法があります。もっとも、訴訟となれば時間と費用等、相当の負担がかかる場合があります。より早く簡便に解決する方法として、引渡命令の制度が設けられているのです。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。