不動産投資信託(フドウサントウシシンタク)

一般に投資信託とは、多数の投資家から集めた資金をプールし、複数の運用先に分散投資し、その運用益を投資家に分配するものです。従来から、投資信託は株式、債券等を運用先の中心として行われてきました。このような株式や債券等を運用先とする投資信託は証券投資信託といいます。

一方、不動産投資信託は、運用先を不動産とし、投資不動産からの賃貸収益や売却した場合の売却益などと投資家に分配する投資商品です。

不動産投資信託制度の創設により、銀行による不動産融資に加え、金融市場を通じて資金を直接不動産事業に供給する直接金融の途が広がったといえます。また、投資対象不動産の需要が高まることにより、不動産の流動化を進めることにもなっています。

不動産投資信託には、大きく分けて、不動産に投資する法人を設立する会社型と、信託銀行が管理運用する契約型の2種類があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。