相続放棄(ソウゾクホウキ)

相続放棄とは、遺産相続に際し、負債部分も含めて相続権を辞し、相続しない手続きのことをいいます。

相続対象となる遺産の範囲には、プラスの財産(預金、不動産、車、株式等)だけでなくマイナスの財産(借金、保証債務等)も含まれます。

そのため、プラスの財産より借金のほうが多く、相続したくない場合や、遺産をもらわなくてもよいと考える場合には、相続放棄の制度を利用することを検討するべきです。

相続放棄をすると、放棄した者ははじめから相続人でなかったものと扱われることになります。その結果、他の相続人の相続分(マイナスの財産も含む)が増えることになります。

相続放棄をするためには、相続したことを知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申し出ることとされています。

法律事務所つくばコム 弁護士 福嶋正洋

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。