行為能力(コウイノウリョク)

行為能力とは、単独で完全な法律行為をすることができる能力のことをいいます。

民事法上、権利義務の変動は個人の意思に基づくものとされていますので、意思能力のない者、すなわち自身の行為の結果を弁識する精神能力のないものの行った法律行為は無効とされます。

ただし、一般に、上記精神能力があるか、ないかの判断は容易ではありません。

なお、上記精神能力がないわけではないが、不十分な者が行った法律行為についても、一定の保護をはかる必要があることから、かかる制限行為能力者を保護する制度が設けられています(法律行為の取消権等)。

法律事務所つくばコム 弁護士 福嶋正洋

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。