権利能力なき社団(ケンリノウリョクナキシャダン)

権利能力なき社団とは、一定の要件をそなえた団体であって、その実態が社団(人の結合体)であるにもかかわらず、法人格をもたないものをいいます。

権利能力なき社団と認められる場合には、法人格を有さずとも民事上の訴訟当事者となる能力があるとされたり、団体の財産を形成することなどが可能とされています。

また、社団としての実態を重視し、できる限り社団法人に準じた扱いをすべきであるとされています。

権利能力なき社団として認められるための要件は次のとおりです。

  1. 団体としての組織を備えていること
  2. 団体の意思決定等において、多数決の原理が採用されていること
  3. 構成員の変更にかかわらず団体が存続する基盤があること
  4. 代表選出の方法、総会の運営、財産管理団体としての実態が備わっていること

法律事務所つくばコム 弁護士 福嶋正洋

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。