心裡留保(シンリリュウホ)

心裡留保とは、人の意思表示の形態の一種であり、表意者が、表示と内心の意思の不一致を知りながら意思表示をすることをいいます。

例えば、民事上の契約は意思の合致(この場合の意思の合致とは、例えば、「売ります」「買います」というように当事者双方が合意するような場合をいいます。)によって成立しますが、このとき、形式的には合意ができているのに、「売ります」と言った一方に売る気が全くなかったというようなケースが心裡留保による意思表示の事例といえます。

このようなケースにおいては、合意が成立したことを期待した者を保護する必要がありますから、契約は有効に成立したものとされるのが原則です。

もっとも、心裡留保の相手方が、表意者の真意を知っていたというような場合は、保護の必要はないので、無効な契約とされます(民法93条)。

法律事務所つくばコム 弁護士 福嶋正洋

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。