無権代理(ムケンダイリ)

無権代理とは、代理権を有しない者が他人の代理人と称して契約等の法律行為を行うことで、かかる無権代理行為は当然無効ということになります。

もっとも、本人が無権代理行為を追認したような場合は、本人保護をはかる必要はありませんから、有効な契約として扱われることとなります。

このような無権代理行為をした者については、当該契約の内容のとおり履行するよう求められたり、損害賠償を求められるなどペナルティがあります。

ただし、契約の相手方が無権代理行為であることを知っていたような場合には、そのような無効な契約であることを予め知っていた相手方を保護する必要は乏しいので、無権代理人の責任も発生しないことになります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。