所有権留保(ショユウケンリュウホ)

所有権留保とは、売主が目的物の引き渡しを完了しつつ、代金が完済されるまでは目的物の所有権を留保する担保形式のことをいいます。

債務が履行されれば所有権が買主に移転することになりますが、履行されない場合には売主が契約を解除することにより確定的に目的物の所有権を確保することができるという点で代金債権を担保する機能があります。

たとえば、自動車をローンで購入したような場合、購入者は自動車を日常的に使用することができますが、登録用紙を見ると、ローン会社の所有権留保がついており、購入者は「使用者」として登録されているような場合があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。