契約締結上の過失(ケイヤクテイケツジョウノカシツ)

契約締結上の過失とは、契約が成立する前の段階であっても、信義則上の付随義務違反として当該契約に関する責任を負担させるための法理論です。

契約関係を結んでいない当事者間においては、民事上何らかの義務が生じることがないのが原則ではありますが、一定の事情が存在した場合に契約が正式には成立していなかったという一事をもって全て無責任で構わないとすることが妥当でないケースもあり得ることから、例外的に契約に向けた関係自体から一定の責任を発生させる場合があります。

例えば、契約を締結するかのうような態度をとり相手に負担を負わせておきながら、最終的に契約締結を拒絶した者に対し、信義則上の注意義務違反があるとして損害賠償義務を認めた判例(最高裁昭和59年9月18日)などがあります。

法律事務所つくばコム 弁護士 福嶋正洋

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。