同時履行の抗弁権(ドウジリコウノコウベンケン)

同時履行の抗弁権とは、契約の両当事者が義務を負う双務契約において、両当事者の公平のために、相手方が債務を履行するまでは自分の債務を履行しないことを主張できる権利のことです。同時履行の抗弁権を持つことで、実質的には両当事者が互いに相手方の義務履行について担保的意義を有する効果があります。

同時履行の抗弁の成立要件は次のとおりです。

  1. 双務契約上の債務であること
  2. 両債務が対価関係、相互依存関係にあること
  3. 相手方の債務が弁済期にあること
  4. 相手方が自己の債務を履行・弁済提供することなく債務の履行請求をしてきたこと
お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。