嫡出子(チャクシュツシ)

嫡出子とは、婚姻関係にある父母から生まれた子のことをいいます。

法律上、妻が婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定されることとなります。

また、婚姻成立の日から200日を経過した後に生まれた子、それから婚姻の解消から300日以内に生まれた子は婚姻中に懐胎したものと推定されます(民法772条)。

この点、婚姻成立の日から200日以内に生まれた子については、嫡出子ではありますが、上記民法772条の推定を受けないこととなり、いわゆる推定されない嫡出子ということになります。

なお、夫が長期不在であるといった妻が夫の子を買いたいし得ない状態であることが明らかであるとき、判例上、その子は推定の及ばない嫡出子とされています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。