扶養義務(フヨウギム)

扶養義務とは、独立して生活することができない者を援助する義務のことをいいます。

法律上、直系血族及び兄弟姉妹、夫婦の間には扶養義務があるとされています。

すなわち、一定の親族身分関係があることにより一般的・抽象的な扶養義務が発生しており、さらに扶養を必要とする事情の存在と、扶養義務者の側に資力があることにより、具体的な扶養義務が発生することとなります。

この点扶養義務を負う者が複数いる場合、扶養をすべき者の順序については、第1に当事者の協議で決めることとなりますが、協議がととのわないと場合には審判で定めることとなります。

なお、養子に対する扶養義務は第1次的には養親であり、実親の扶養義務は第2次的に発生するものであるとした家事審判例があります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。