譲渡制限株式(ジョウトセイゲンカブシキ)

譲渡制限株式とは、会社の株式を譲渡することについて会社の承認を必要とすることによって、株式の自由な譲渡に一定の制限を加えられた株式のことをいいます。

大規模な会社の場合は株主の個性は重要視されないことが多いため株式に譲渡制限を加えることは少ないのですが、同族会社のように株主の個性が殊更重要視されるような場合においても、株式の自由譲渡を貫くとかえって会社の円滑な運営に支障を来す場合があります。

そのため、会社法上、定款において株式の譲渡をするには会社の承認を必要とする旨定めることにより、株式の譲渡を制限する方法が認められています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。