配当優先株(ハイトウユウセンカブ)

配当優先株とは、一定額の配当を普通株式に対する配当よりも優先して受けることができる株式のことをいいます。

配当優先株の発行可能株式総数とその内容は定款で定めなければならないとされています。

なお、配当優先株式の優先配当金額は、定款において内容の要綱を定めるにとどめておき、その具体的な金額は優先株式を実際に発行するときまでに取締役会決議によって決定するという方法も認められています。

配当優先株式の種類には、優先配当を受けた後の残余の配当についても享受可能な参加的優先株式、残余配当は受けられない非参加的優先株式という区別がされたり、ある年度の配当金が所定の優先配当金額に達しなかった場合その不足額が次年度以降に累積して支払われる累積的優先株式、次年度以降の累積がない非累積的優先株式といった種類に区分されたりします。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。