失念株(シツネンカブ)

失念株とは、株式の譲渡取引が為されたにもかかわらず、株式譲り受け人において名義書換えの請求を失念して名義が譲渡取引以前の状態のままの株式のことをいいます。

この場合、会社と株式譲受人との関係においては、譲受人が会社に対し自身が株主であることを主張することはできないと考えるのが有力な見解です。

もっとも、会社の方が譲受人を株主と取り扱うことが否定されるわけではありません。

一方、譲渡人と譲受人との関係においては、株式の割り当てを受ける権利は譲受人(失念株主)に帰属するという見解が有力ですが、これに反対する判例もあります。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。