定年制(テイネンセイ)

定年制とは、労働者が一定の年齢に達したことをもって労働契約を終了させる制度のことをいいます。

定年制には2種類のものがあると考えられます。

1つは、定年に達したことをもって当然に労働契約が終了となるもので、この場合の契約終了は定年退職といわれます。

もう1つは、定年に達したときに解雇の意思表示が為され、これによって労働契約が終了となるもので、この場合の契約終了は定年解雇といわれます。

平成16年に、65歳までの定年延長、雇用継続措置を義務付ける法改正が行われています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。