チェック・オフ

チェック・オフとは、労働組合と使用者の間でとりかわされた協定に基づいて、使用者が組合員である労働者の賃金から組合費を控除して、それらを一括して組合に引き渡す仕組みのことをいいます。

日本の労働組合の大部分が、このチェック・オフの仕組みを行っています。この仕組みを用いるためには労使協定による合意が必要とされます。

ただし、チェック・オフは組合員による使用者への組合費弁済の委任であるという性質から、個々の組合員がチェック・オフを中止するよう使用者に申し出た場合には、当該労働者についてチェック・オフを行うことを使用者において中止しなければならないとされています。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。