ピケッティング

ピケッティングとは、ストライキを行っている労働者らにおいて、一方で労務を提供しようとする労働者、使用者側の者、取引先等に対し、自らの行うストライキを維持しあるいは強化するため、見張りや呼びかけ、説得によって実力阻止したりその他の働きかけを行う行動の総称をいいます。

ピケッティングには、そもそもその正当性が認められるのかという問題があります。

純然たる言論活動の方法による場合には正当性が認められやすいといえますが、労務提供の実力阻止といった行動が伴う場合には一方の自由に対する侵害として違法性を帯びる場合もあり得ます。

ストライキは、基本的には集団的労務の不提供という消極的行為に限られるものですので、実力による業務妨害は許されないと考えるのが通常でしょう。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。