執行罰(シッコウバツ)

執行罰とは、行政上の義務を義務者が履行しない場合に、行政機関が過料の警告を発し、それでも期限までに義務が履行されない場合には過料を課すことにより、間接的に義務の履行を強制する方法のことをいいます。

もっとも、過料を課すことによる心理的圧迫の効果を過大に期待することはできませんし、行政代執行のような直接的な強制とはことなり、あくまでも間接的な強制の方法ですので、その効果は限定的といえるでしょう。現在において執行罰が認められている場面はごくわずかです。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。