結果的加重犯(ケッカテキカチョウハン)

結果的加重犯とは、基本となるある犯罪の構成要件が実現された場合において、それよりもさらに重い犯罪結果が生じたことを犯罪構成要件として規定し、その重い結果が発生したことをもってより重い刑罰が定められている犯罪のことをいいます。

たとえば、傷害致死罪(刑法205条)は、人を傷害する行為の結果、その人が死亡してしまうという重い結果が生じたという犯罪であり、結果的加重犯の一例といえます。

この点、人を殺そうとして本当に殺してしまったと言う場合は殺人罪であり、これは結果的加重犯ではありません。

あくまでも殺すつもりはなく、傷つけようとする故意があったものが、結果的には人の死亡という結果を招いた場合に適用される犯罪類型です。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。