間接正犯(カンセツセイハン)

間接正犯とは、他人を道具として利用してあたかもみずから直接犯罪実行行為をしたのと同様の結果を生じさせる者のことをいいます。

他人を利用して自分の意思どおりに犯罪を実現させることは不可能ではありません。

そのため、間接正犯については正犯(自ら犯罪の実行をする者)と同様の扱いをするべきとされます。

間接正犯が成立したというためには、まず、主観面において犯罪の故意があって他人を道具として利用する意思があったこと、客観面において他人を利用する行為によって当該被利用者を一方的に支配・利用することで犯罪結果を実現させる現実的危険が生じていることが必要とされます。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。