信頼の原則(シンライノゲンソク)

信頼の原則とは、過失責任を緩和する法理であって、複数の関与者間において一方の関与者が規則を守り適切な行動をとるであろうと信頼することが相当であるといえる場合には、たとえその一方の関与者が規則を守らず不適切な行動をとったことで犯罪結果(過失犯)が発生しても、その結果について過失責任を負わないという法理のことです。

被害者側に規則無視といった違反があったことをもって、直ちに信頼の原則を適用し過失責任をないものとできるわけではありません。

被害者側に適切な行動をとることが十分に期待可能であったかどうか、加害者側に違反や不適切な行為はなかったかといった諸々の事情によって過失責任の有無はかわってくるといえます。

お客様の声

相談受付中。初回45分無料。お気軽にどうぞ

029-896-3323

営業時間:平日9時~21時・土曜9時~17時

無料相談実績350件以上/年

無料相談。一目でわかる弁護士費用。2名の弁護士が全力サポート。

完全予約制。夜間相談。当日相談。土曜相談。

電話予約受付中

初回45分相談無料

029-896-3323(平日9時~21時・土曜9時~17時)

夜間相談・当日相談・土曜相談・時間外相談。

親身になってご相談者様のお話を伺うため45分という時間をおとり致します。

主な対応エリア。茨城県南を中心として県全域まで対応。